どんな化粧品を使ってるのって、聞かれるようになりました。

あ、しわが薄くなってきたかも


女性が老けて見える原因は色々ですが、
一番大きな原因は顔のしわです。

しわがあるかないかで、女性の見た目年齢は
ずいぶん違ってきます。

とはいえ、歳をとるにつれ、しわができやすくなるのも
事実です。
そのためにも、日々のスキンケアは欠かせません。


では、しわを薄くし、少しでも若々しい肌にしてくれる化粧品といえば・・
肌のハリを取り戻す化粧品は?





マイナス5歳肌になるための、3つの対策


ここでは、マイナス5歳肌を手に入れるための、3つの対策について紹介します。


日々の紫外線対策を忘れないこと

意外に思う人もいるかもしれませんが、しわができる
一番の原因は、実は紫外線です。
紫外線はシミだけでなく、しわにとっても大敵なのです。


ところで紫外線対策というと、真夏だけと勘違いする人も
いますが、もちろんそんなことはありません。

曇りの日でも、冬でも、紫外線は降り注ぎます。
紫外線対策は一年中行うのが基本です。



コラーゲンを摂取すること

歳をとるにつれ、肌のはりが失われていくのを実感する方も多いと思いますが、
その一番の原因は肌のコラーゲンが失われているためです。

40代の女性の肌に含まれるコラーゲン量は、20代の半分と言われています。
お肌のコラーゲンは肌の保水力に関係してきますので、
これでは肌のハリがなくなるのも当然です。


そうなると大事なのは、どうやってコラーゲンを補給・摂取するかですが、
理想を言えば、食事で摂取するのが一番です。

ただ、忙しい現代女性が毎日バランスよく食事を取るのって難しいですよね。
ですので、コラーゲンドリンクで摂取するのがオススメです。
とはいえ金額もそれなりなので、懐の厳しい方は
2~3日に1本のペースでもよいでしょう。
継続すれば、肌のハリや化粧のノリが違ってくるはずです。





しわ化粧品によるスキンケア

コラーゲンの摂取が内側からのアンチエイジングとしたら、
しわ化粧品によるスキンケアは外側からの
アンチエイジングです。


しわがあるだけで女性の見た目年齢は違ってくるので、
少しでもしわを薄くする努力はするべきです。

といって、どんなエイジング化粧品でも
よい訳ではありません。

コラーゲンを含んでいるだけでなく、エイジングケアに効果のあるとされる、
ビタミンCやペプチドも配合されていること。
また、浸透効果の高い化粧品を選ぶべきです。




どんな化粧品を使えばいいの?

ただ、ビタミンC・コラーゲン・ペプチドがバランスよく配合され、浸透効果も高い化粧品となると、
それほど種類がありません。


その中で、私がオススメしたいのが、ビーグレンの
アンチエイジング化粧品です。

私の知る限り、値段の割に効果が高く、コスパが最もよい化粧品です。


オススメできる理由はいくつかあるのですが、
一番はその浸透力の高さです。
実はビーグレンという会社は、自社の浸透技術で国際特許を取得していて、
その技術を化粧品に採用しているのです。


こうした浸透力やその効果のおかげで、テレビCMをしてないのに、
口コミで急速に人気を集めました。
マイナス5歳肌を目指す女性なら、是非利用したい化粧品です。





女性も30代後半から40代にかけて、顔や首のしわが気になるようになります。「このしわがなければ、もう少し若く見られるのに」そう考えている女性も多いのではないでしょうか。しかし、年齢だからといって美肌をあきらめてしまうのは、大変もったいない話です。

確かに40歳の女性が20歳の頃と同じ肌質を取り戻すのは難しいでしょうが、すくなくとも5歳から10歳若い肌を手に入れるのは、それほど難しいことではありません。まずは、マイナス5歳肌を目指しましょう。 では、マイナス5歳肌を実現するための対策は何か?

これは、外側からの改善と内側からの改善があります。ここでは、内側からの改善にしぼって話を進めます。しわを解消し美肌を取り戻すために一番必要な栄養素は、コラーゲンです。よく世間で、「美肌にはコラーゲンが大事」というコトバを聞いたことある方も多いと思いますが、それがなぜかご存知でしょうか?

実は40代になると肌のコラーゲンが急速に失われ、20代のころの半分になってしまいます。このコラーゲンが肌の保湿力を決めるため、肌内のコラーゲン量が落ちることは致命的です。これを体内から効率よく吸収することで、肌の保湿力を高めて肌のハリ・弾力を取り戻し、しわも解消されるという訳です。しわ対策を行うなら、まず内側からです。